予防注射(ワクチン接種)

vaccination

各種、予防注射(ワクチン接種)を実施しています。
ペットの年齢やライフスタイルに合わせた予防プログラムをアドバイス致します。

予防注射(ワクチン接種)で、

愛犬、愛猫の健康を守りましょう

大切なペットの健康を守るためには、伝染病の危険を防ぐ ことが大切です。年齢が1歳以上でも年1回の予防注射(ワクチン接種)をおすすめします。また、高齢期でも免疫力がおとろえてしまう事もありますので予防注射(ワクチン接種)はとても大切です。
一生を通して、伝染病の予防を心がけましょう。

ワクチンについて

伝染病とワクチンの種類について

dog

伝染病

  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬レプトスピラ感染症
  • 犬パラインフルエンザウイルス感染症
  • 犬アデノウイルス2型感染症
  • 犬パルボウイルス

ワクチン

  • 犬5種、6種、8種混合ワクチン
  • 狂犬病ワクチン
    (川崎市獣医師会員の為、当院で手続き出来ます。)
  • 犬猫のノミ・ダニ予防

    食べるタイプとスポットタイプからお選びいただきます。(毎月一回)

  • 犬のフィラリア症予防

    食べるタイプとスポットタイプからお選びいただきます。(毎月一回)

  • 猫のフィラリア症予防

    スポットタイプをご用意しています。(毎月一回)

cat

伝染病

  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症

ワクチン

  • 3種混合ワクチン
  • 犬猫のノミ・ダニ予防

    食べるタイプとスポットタイプからお選びいただきます。(毎月一回)

  • 犬のフィラリア症予防

    食べるタイプとスポットタイプからお選びいただきます。(毎月一回)

  • 猫のフィラリア症予防

    スポットタイプをご用意しています。(毎月一回)

※その年の気候や犬猫のライフスタイルに合わせた予防プログラムをアドバイスいたします。上記期間以外でも予防接種は受けられますのでお気軽にご相談下さい。

犬の予防注射(ワクチン接種)について

犬の予防注射(ワクチン接種)について

予防注射(ワクチン接種)は、伝染病を予防する・重症化させない為に不可欠なものです。ワクチンの効果を最大限にするには、いつ接種するかのタイミングが重要です。特に子犬の場合は、生まれる時に親から貰った免疫(移行抗体)が残っているので、これが切れる時期を見計らってワクチンを接種することが大切です。また、健康状態や体質によっては副作用の危険や十分な免疫を獲得できない場合もありますので、予防注射(ワクチン接種)の前に健康状態をチェック致します。

一般的な子犬の場合

生後42日~60日からスタートして1ヶ月ごとに計3回のワクチン接種をお勧めします。
それ以降は、毎年一回の追加接種を行います。

1回目

生後42〜60日

2回目

生後約3ヶ月

3回目

生後約4ヶ月
(ご希望により)

毎年
1回

追加接種

ワクチンの注意事項

【ワクチンアレルギーについて】

予防注射(ワクチン接種)後にアレルギー反応を起こす事がまれにあります。可能性は低いながら、アナフィラキシーショック(血圧低下)という重篤なアレルギー反応を起こす事もあり、これは緊急治療をしないと命にかかわります。アナフィラキシーショックは通常接種直後~30分以内に発生しますので予防注射(ワクチン接種)の後はしばらく院内、もしくは病院の近くで様子をみていただくのが安全だと思います。
その他の反応として、顔が腫れる(血管浮腫)、蕁麻疹、発熱、元気消失、注射部位の疼痛や硬結があります。これらの反応は遅いと半日~1日位経ってから症状が出る事もありますので予防注射(ワクチン接種)はなるべく午前中に行われる事をお勧めします。(夕方接種すると深夜に症状が出てしまう可能性があります)

【ワクチン接種後の注意】

ワクチン当日はワクチンアレルギーの症状がでないか、帰宅後も様子を見てあげて下さい。
注射後2~3日間は安静につとめ、激しい運動、シャンプーなどは控えて下さい。免疫(予防効果)が得られるまでの2週間は、他の動物との接触を控えて下さい。(狂犬病ワクチンと混合ワクチンは4週間以上間隔を空けることをお勧めしています。)

PAGE TOP